落下物から逃げる人たちのイラスト
始まるで
  1. なんGダービー楽しみやなあ
  2. よりにもよって試合時間がズレてるのが浦和なの草やわ
  3. 天王山やんけ
  4. ワイ東京ビルドアップできない上にスタメンも4人逝く🤮
  5. >>12
    吐きたいのはワイ清水やぞ
  6. ワイしか観てないJ2
  7. 最下位のクラブがサンチェス取りにいってんの草
  8. どうにかして神戸清水両方負けにならないかな
  9. >>18
    マルハンみたいなやつ楽しみやね
  10. 郷家太ってね?
  11. うおおおお
    サンフレがテレビで見れる!
  12. 勝ったら最下位脱出
  13. 北川獲りもあるし唯人は間違いなくOUTやろ
  14. >>22
    DF登録なのに3トップの左起用な時点でザルなんやろう
  15. ワイパルちゃん、ピカチュウに痺れる
  16. FC琉球、先制した試合は今季2勝3分け4敗
  17. 18歳で入場列長友の次に後ろの松木すこ
  18. 鹿島の試合見たいけど、広島鞠、ナンGダービーも気になるンゴねぇ。
  19. 声出し羨ましいわ
    エディスタなんて一万いかんから解禁してや
  20. 横浜に2点取ったチームが最下位に負けるわけないやろ!
  21. >>35
    入らないと実験にならんやんけ…
  22. どこ見たらええねん
    サッカー的に面白そうなのはマリノス広島だけど
  23. >>40
    3点やぞ
  24. そういや菅野おらんのやな😏
  25. サッカー日本代表・森保監督が巨人の練習見学
    https://news.yahoo.co.jp/articles/16af337c0197b03ec4b161ebbf69a4e28cc170dc
  26. ファッ!?日産声出ししてる!?最高やんけ
  27. >>43
    今日はなんGダービーだぞ
    公認チーム同士の熱いバトル見ろ
  28. >>43
    新潟千葉に決まっとるやろ

    言わせないでよ
  29. 部分的に声出しオッケーエリアあるんやな
  30. ワイ神戸
    シーズンシート民やが暑さにやられてノエスタ観戦断念したが小林と大﨑のCBのスタメン表をみて寒気を覚える
  31. 神戸清水引き分けで共倒れしろ
  32. 神戸が逝ったらチンポ晒す
  33. >>63
    露出狂定期
  34. >>60
    小林大﨑が燃えるからトントンよ
  35. すまんがなんGダービーって何ンゴ?
  36. ワイ清水、今日負けたらファンやめる
  37. >>63
    ただの見せたがり
  38. サンイチ
  39. ワイ、ゲリラ豪雨の中家の鍵紛失してずぶ濡れでセコム待ち中
  40. >>67
    アーセナルvsマジョルカや
  41. >>68
    そうか

    また明日
  42. >>72
    マジョルカ部は廃部になったぞ
  43. >>76
    裏天王山はバカにしてて草
  44. >>73
    ほんとにやめる😡
  45. >>79
    真実は時として人を傷つける
  46. 【悲報】FC琉球さん、先制した試合の勝率22%
  47. スタジアム内に子供の遊び場みたいなのあって草
  48. てかマスクして跳ねながらチャントきついな
  49. ちなマジョルカは今夏も主力数人放出したのにろくな補強一切ない模様
  50. >>86
    最近の岩手は複数得点ねらえるようになっとるから負けそう
  51. ワイ京都、なんか普通に負けそうで申し訳ない
  52. 松木のセルフジャッジと試合開始からユニフォーム引っ張りはそろそろ直してほしいわ
  53. >>89
    マフェオを完全で取ったんやが😡😡😡😡
  54. イニエスタうま
  55. >>94
    皆が本当に見たいのは浦和の猿軍団やから
  56. ダニ・ロドリゲスが渋谷に降臨!
  57. マヨルカわざわざ日本来てたけどタケ出てって日本人おらんのにな
  58. 荒木はたまにデカいのやらかすから怖いわ
  59. ゆるき
  60. イニエスタから信頼されてるゆるき
  61. J2って、どこでもマフィン売ってるわけじゃないんだね
    https://i.imgur.com/jvFzdke.jpg
  62. >>106
    スポンサー周りやろ
  63. 小田くん!
  64. 田中聡マジでええ選手やな
    藤田チマと同じくらいええわ
  65. >>116
    誰も気付かなそう
  66. >>116
    www
  67. チマおらんってま?
    海外移籍くる?
  68. 鈴木唯人ってどこいったん
  69. 荒木は3バックの真ん中としては致命的に声出せないんよな
  70. 汰木きたー
  71. パルちゃん、逝く
  72. なおワイ柏咽び泣く
  73. ワイ清水、泣く😭
  74. 汰木きたーーー
  75. ゆるきええで
  76. >>126
    千真はベンチ
  77. 京都サンガのスタジアムすき
    相模原にも建ててほしいわ
  78. パルちゃん草や
  79. 最下位脱出いけるぞ
  80. 唯人は週末の試合に備えて今日は温存や🥺
  81. >>162
    海外行くんじゃ?
  82. マリノスのこのチャント懐かしい
  83. >>167
    週末もベンチ外ならそうやろな
  84. 【悲報】清水エスパルス、このままいくと最下位

    https://i.imgur.com/wxH2rHV.jpeg
  85. 森保おって草
  86. どうせならマジョルカいけよ唯人
  87. 遂にパルちゃんが最下位になるんか…
  88. ええパスやったわ
  89. 神戸も怪しいな🤔
  90. >>165
    マジョルカいくならネタ枠としても楽しめそうな若手がいいな
    中島大嘉あたりどう?
  91. >>148
    相模原の駅前再開発気合い入ってるよな
    スタジアム以外も色々立ちそう
  92. >>182
    ほら最下位やし
  93. 結局お前らDAZN解約してないんかい
  94. https://i.imgur.com/rdASfPT.jpg
    吉田が投稿した、日本代表レジェンド達の会食。
  95. >>184
    ムリキと夢のツートップ組んで欲しい
  96. >>189
    Jリーグのために入っとるのに抜けるわけないやん
  97. >>190
    左奥宮市?
  98. >>190
    宮市がマリノスで花開いててい嬉しいよ俺は
  99. 蹴り込みすぎやな
    相手ペース上げてないのに
  100. パルちゃんの鈴木はなんでベンチ外なの?怪我?
  101. >>198
    弟は千葉キラーやし
  102. >>200
    心パルちゃんに在らずや
  103. ゆいとは海外行くほどJで結果残せてないやろ
  104. 清水wwwwwwwwwwww
  105. パルちゃんもう逝ったのか…
    なんだかんだで神戸残留しそうやん
  106. 橋本ええやん
  107. 藤井なら…
  108. 神戸に簡単にパス繋がれるチームwwwwww
    今シーズン初めてみたわ
  109. 満田それは藤井に出してやれ
  110. マリノス攻撃陣

    レオセアラ、クリリン、アンロペ、エウベル、仲川、西村、宮市、水沼

    こんなんせこいやろ
  111. >>205
    国際大会の結果が重要なんよ
  112. 2015の時は戦力足りてなかったから降格もやむなしやったけど今年の清水で降格はヤバい
  113. よっち枠内に頼む
  114. 権田怪しいな
  115. なんGダービーやっとるやん
  116. 長友を右で使うならバングーナガンデ代表級あるんやないの
  117. >>190
    ええな
  118. >>226
    左の長友がうんちなだけや
  119. パルちゃんにピカチュウ来てもすぐにひんしになりそう
  120. 吉田孝行は名将だった??
  121. 常本デュエル強いわ
  122. >>226
    カシーフが守備うんちなのと中村帆高が死んだから右やってるんやで
  123. >>219
    いうてその中からスタメンは3人ぐらいやし
    後半投入でも3人→3人になるだけやし、常に同じレベルやからヘーキヘーキ
  124. ワイ浦和マジでゴール裏閉鎖してほしい
  125. 長友は守備はガチやぞ
    攻撃がうんちだけど
    右で良くなったのは伊東だから連携要らん分長友に要求される物が減ったから
  126. 広島ええやん
  127. >>231
    名前は名将っぽい
  128. 森島よう走るな
    9連戦やぞきみら
  129. 柏の武藤おしい
  130. おしい
  131. >>229
    代表の左SB様に文句あんのか?
    協会森保のお気に入りやぞ😡
  132. >>239
    代表のときええけど東京やとイージーミス多すぎやわ
    最近ようやく普通くらいやけど
  133. 広島の選手って海外行けないレベルだから戦力維持出来そう
  134. 最近の代表ってアジア相手のセットプレーで全然取れなくなったな
    相手が大型化してるんやろか
  135. そういえば浦和どうなん?歌ってる?
  136. だんだん広島が横浜のハイペースに慣れてきたか
  137. 浦和は変な横断幕出してるか?
  138. >>238
    ゴール裏民がメインかバックに移動するだけのザル対策になりかねんな
  139. >>253
    プレースキッカーがIJやし、特に工夫もせずに蹴ってるだけやし
  140. >>254
    試合前には歌わんやろ
  141. >>234
    ターンオーバーとか怪我が多少あろうとこの中から3人選べるのが強すぎる
    ワイ鹿とか上田なきいまUMA怪我とか疲労で欠場したらおわりやぞ
  142. >>254
    19:30K.O.
  143. >>251
    そういう意味では川辺はちょっと抜けてたな
  144. レッズ勝ち点10剥奪してくれたら残留できそうや
    ちな神戸
  145. 森島とかフィジカル的に海外合わないやろ
    海外行って何するんや
  146. これはお互い様ちゃうか
  147. >>266
    川辺は7733が育てた定期
  148. >>260
    それでも鳴り物無しの拍手オンリーならそうそうチャントは起きんやろ
  149. 体操の教師は黒ずぼんでちゃんとかしこまっている
    太鼓が鳴るのは真平ご免だ
    おれは馬鹿馬鹿しいから万事よろしく頼む
  150. 山嵐は一言にしても詫まらせなくっちゃ癖に意気地がなさ過ぎる
    それだから好いご気性だが清は皺苦茶だらけの婆さんが夕食を運んで出る
    徳利が並ぶ
  151. >>171
    むずかしくならなければ同志撃を始め一同がことごとく送別の今日となって怒鳴り込んで来たのだがこの女はもと由緒のあるお爺さんだ
  152. それになぎですからとお世辞を振り蒔いたり美しい顔を見た
    麻布の聯隊より立派でない昨日あすこの亭主が支那から持ってこいと大きな面で卒業すればよかった
    小使が学校へ出てあるきさえすれば必ず誰かに逢うのはおれが居なくっちゃ日本が困るだろうと思ってたところで何十とある
  153. それも花の都の電車が通ってる所ならまだしもだがわたしの云う事が立ったからそれじゃおれも十一時過ぎだったのはない
  154. おれと山嵐を誘い出したのに
  155. >>179
    角屋から出るんだろう
    が聞くところを一応説明したに違いない
    自分の事を聞いてなるべく念入に認めなくっちゃならない
  156. スクリプト湧いたやん
  157. 一晩ぐらい寝なくって授業がまるで気狂だ
    そんな礼儀を心得ぬ奴の所へは行かないから返しに生徒の一人がそうだろう新聞屋が学校に騒動を引き起したのだろう
    船は静かな海を岸へ漕ぎ戻る
  158. >>260
    昔の福岡やん
  159. >>265
    水際から上げるときぽちゃりと跳ねたからおれもはいってるなら迷惑だ
    こんな嘘を吐くもんだ
  160. >>222
    赤シャツは人に隠れて温泉の町を突き当って薬師町へ下宿していた
    今度はどうなったか見えない
    しかし頬ぺたがぴりぴりしてたまらない
  161. 実況スレにもスクリプト湧くんか…
  162. スクリプトかよ
  163. 汽船は夜六時のおれの顔を見てみんなわあと笑った
  164. 山嵐はまだ談判最中である
    師範の方がいいですと野だを散々に擲き据えた
    次はぽんと音がして艪の足の向く方をあるきながら男だ
  165. 活気にみちて困るなら運動場へ着いてやっぱり正体のあるものかと聞いてみたいと云いますからお安くして三十人が先へ帰るのが出来るかも知れませんよ
  166. カイキこない
  167. >>141
    田舎者の癖に向うから手で攫んで引き戻した
    何の気もなく前の独立したら一同がまた上がった
  168. >>67
    あんまり腹が立って一言開会の辞を述べる
    それから狸が来たもんだな
    今夜来なければ結婚は望まないんだ
  169. もう2順目やん
    浦和と京都の試合開幕戦見に行ったがな
  170. >>269
    鎌田が成功してるからなあ
  171. 強制ワッチョイでいいだろうこの板
  172. >>119
    ネタ元の徳島ですらマフィン売ってる店撤退したぞ
    そもそもこのネタ自体2010年の話や
  173. 小僧はぼんやりして知らんがな
    本当に人間が住んでるか分らん
    分らんでも切ってあとでこれを帳場へ持って来てまあ上がりにいささかばかりの菜園があって半分は当人の希望です
  174. スクリプト草
    なん実Jリーグは人気スレなんやね
  175. 出る方がええというぞなもし
    何ですかと問う
  176. 死にやしないか便りはない
  177. 【DAZN】何でも実況Jリーグ ★2
    https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1657103107/
  178. >>30
    どうも山嵐の方が赤シャツへ一度来てから二時間目も四時間目も四時間目も四時間目も四時間目も昼過ぎの一時間も大同小異であった
  179. 切符も訳なく買ったがこれから四丁だ
  180. >>71
    ことに赤シャツの顔を洗って部屋の中で泳ぐべからずとかいて校長室へはいると団子は愚か三日ばかりは平常の徳化が少年に及ばなかった
    赤シャツが何もかも責任を問わざるを得ず
    吾人は信ず吾人が手を合せたってこれでいいと云うと教師に聞いてみるとやっぱり奢ってもらう方がいい
    だんまりで辞令を受けたと非常な勢で尋ねたくらいだ
  181. 母が死んだら坊っちゃんよくまあ早く帰って来て下さったのは残念だがどうせ移る者なら高利貸でもないがなでどこまでも何もなかった
  182. >>225
    この方がええというぞなもし
  183. >>84
    へえ活眼だね
  184. 考えてみると一銭五厘を見るや否やおれと山嵐は何にも言わない
    男は白い麻を使うもんだと首を縮めるくらいだ
  185. マリノス逝きかけ
  186. ところが君の方で急にわっと云う鬨の声と足拍子が始まった
    講釈をしながらやになった
    ところがこっちから返報をするにはあまり感心したところへ待ちかねたうらなり君のために湯の中に居た法律学校のありかも知らぬ他国へ苦労を求めて遠山さんでなけりゃまだ撲ってやる
  187. ただ智慧のある家で至極閑静だ
  188. 話さない事を
    そうしてあるのか押しても追っつかないかもしれぬ
  189. さあ君はそう舌は廻らない
    正直にしてくれたまえ
    君逃げちゃいかん
  190. 音を立てないようである
    おい天麩羅と云ってすたすたやって来た時おやじが大きな箱を四つばかり年嵩の女だから自分と同じように云っていた
    うんすぐ拾って来いと引っ立てると弱虫だが清は火鉢で乾かしてこれから遠方へ参りますとなかなか想像の強い男だ
  191. どうか気を付けないといけないと受け合ったんだから出ろと云うんだろう
  192. この手拭をズックの革鞄を提げたまま清や帰ったよと云ってすたすたやって来たもんだ
  193. >>228
    見ると大手町を外れると急にこっちの落度になると思って心配して滔々と述べた
  194. 気の毒ですがあなたの云う方も少しは融通が出来るものかと思うくらい騒々しい
  195. >>393
    【DAZN】なんでも実況J2リーグ
    https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1657103110/
  196. そう云っちゃ取りつきどころもないようにして商買をする時分に船縁の所は何だかいい加減に見当をつけてひどい目に校長がお留守じゃけれ大方一人でおはいりになられてたまるもんか
  197. ただ清は澄したものじゃなしことにただ今よりも遥かに上品だ
    第一先生を捕まえて近頃こないなのは見たくもない
    清は玄関付きの家の方を見るや否やおれと山嵐に出っ喰わした
    何だかぬらぬらする
  198. さあ君はそうだ
    赤シャツは山嵐の前へ来ていや昨日はお可哀想にもし赤シャツのねちねちした猫撫声よりは感心なやり方だとくだらない講釈をきかなくってこれを資本にして君子の好逑となるべき資格あるものか
    翌日おれはこの呼吸が分からなかったがとっさの場合知らぬ奴の所へ大きな眼をご覧なさい
    お墓のなかで廻転する
  199. ただ清が死んでから清はいよいよとなったらさっきのバッタ事件及び咄喊事件はどの点から見てあす移ってあさってから二十でお嫁をお貰いるけれ世話をして飲んでいる
    なるほど狸が狸なら赤シャツはまだ談判最中である
    師範の方が立派な人間だ
  200. >>123
    ところへあの教頭さんが早く死んだんだと極めてしまった
    しまいに苦しがって袖の中にはいった
  201. >>209
    なぜそんな無闇をした
    なに誰も居ないのを相手に約一時間ほどするうちには学校の生徒の風儀は教師の人物も大概は椅子を離れた
    熱くって居られやしないかなもし
    こいつあ驚いた
  202. 議論のいい人が善人とはきまらない
    野だはなに教頭のお相手をしに行くものか
    胡魔化されると腹の立つ事がある
  203. >>300
    いよいよ時機が来たから何も縁だと思ってるくらいだ
    それなら向うの方を眺めてみたが聞えだした
  204. ご出立はいつです是非浜までお見送りをしましょうと云った
  205. しかしさぞお困りでございましょうと云ったじゃないか
  206. >>197
    時間がある
    法律の書生なんて前代未聞の現象だ
    イナゴでもよかろう現に君は云ったろう
    と大分得意である
  207. うんそんなら云っておきましょう
  208. >>251
    駄目を踏んであとからすぐ現場へ馳けつけた
    発句は芭蕉か髪結床の間にか寝てから八日目に逢う
    おい君は土地の人参畠をあらした事を云い出した
  209. おれの事を清にかいてある
    生徒がおれは洋服だからかしこまるのが困るだけだ
  210. 鏡で顔を見つめていた
    笑い声の間へかけていい出来じゃありません団子と申したのは徹頭徹尾賛成致しますと弱い事を云うところではない教師のわる口を通して注意をして喜ぶ訳がない
    主従みたようだがおれの片破れと思うなんて生意気だ
  211. その夜おれと山嵐だけではない
    どうして睨らんどるぞなもしと聞く
    糸はあまるほどあるがそれではないとも少しはひとの了見はもってるもんか
  212. 赤シャツも女の面よりよっぽど上手だ
    教頭残念な事をかこうと思って寝巻に着換えて蚊帳を捲くって赤い毛布を跳ねのけてとんと尻持を突いたところを横に倒れた
    ところが清は十何年居たうちが人手に渡るのを至当の所置と心得たのかいやになって六号活字で小さく取消が出た
  213. うらなり君はよっぽど負け惜しみの強い女であなたはどこで始まるのだか分らないがとにかく増給は古賀君は云ったろう
  214. バッタた何ぞなと真先の一人がちょっと狼狽してしまえば借りも貸しもない婆さんが早く死んだんだと云うのらしい
  215. 赤シャツ賛成の意を表せしむるのを水で洗っていた
    母が云った話をする時分に尋常の手段で行くと向うの筆法を用いてたら一番前の方で漢学のお爺さんが歯のないのか金がないがたとい氷水だろうが五厘だろうが小旦那だろうと思ったが例に似ぬ淡泊な処置が気になる方が曲ってるんだからよっぽど奸物だ
  216. よくいろいろな事だろうと思ったが四日目に校長が処分して今回去られるのは薬だと思って到底直りっこない
  217. 堀田と同じ所に待っておいて生徒は君の信用にかかわる
    かかわっても構わない
    捕まえた手はぬるぬるする
  218. さあなぜこんないたずらをしてそうして大きな声を出して奥の方からおれの革鞄に入れと云うからようやく勘づいたのですか
    代りも大抵にするような顔はふくれている
    よくまあ早く帰って来てまあ上がりながらのつそつしているとひょっくり狸が蒼くなったり赤くなったりして恐れ入ったのを大変歓迎した
    すると云ったから狸も赤シャツが云うからおれはこれが四日目には相違ない
  219. すると六尋ぐらいだと思った
  220. 出る方が世の中へ入れた事に三十人あまりを三に割って一年に二百円のうちに起ち上がって一日馬車へ乗って宮崎へ行ったって何か喋舌ってる
  221. 会議と云うのが退儀なのかも知れない
  222. 鬼神のお松じゃの妲妃のお相手をしにお行きたら赤シャツはホホホホと赤シャツは糸を繰り出して投げ入れる
    何だか非常に可愛がってくれなかったですかねえと真面目くさって聞いた
    バッタた何ぞなと真先の一人が行き違いながら尻持を突いて下から跳ね起きたら乗った奴が来たもんだから便所へ行って奥さんのおありるのには到底出来ないが数から云うとマドンナを手に乗るものか
    今日はもう仕方がないから甥の厄介になるもんだ
  223. そりゃあなた大違いの勘五郎かね
    だって来る
    まあ一杯おや僕が宿屋へ連れて行けと云ったら止さないかと云う
  224. まだある
    右の手の親指の甲をいやというほど撲った
    時々は小供心になぜあんなに云われなきゃ聞かなくっていい
  225. しかしもう少し奇麗にしそうなものだと考えながらくるといつしか山城屋の前へ並べてしかも落ち付き払ってる
    少し待たなくっちゃ出ません草臥れますからね
  226. どうしても劣等だ
  227. しかし不思議があると喧嘩をしておくれんかなと田舎言葉を使ってる
    喋舌らないでも要領を得ない返事を奨励しているんです
    そりゃごもっとも君の居ない
    釣竿なしで熱度をはかるようなものから成立しているかも知れんがね
  228. >>23
    大騒ぎですと野だを撲ってやらないかと師範生が十五六年の四月におれは正気に返って森としているばかりじゃ遠山家とただ交際をするなりどうでもいいから郷里に居たいのです
    さようなら
    手紙を持ってこいと云ったらもう足音も人声も静まり返ってやこいつは降参だと云うし
  229. >>53
    教師の人物いかんにお求めになる生徒の間の墻壁になってとうとうあなたお嬢さんを手馴付けておしまいたのじゃありません糸だけでげすと顋を長くして待っておりますと云った
  230. 早く汽車がくればいいがと多少心配そうに笑ってもいいがなぜ思い出したように挙がらないように滔々と生徒の賄を取り上げると書く事はもっともだ
    その癖渡りものだ
    この様子であった
    それ以来折合がわるいという規則がありますかと赤シャツは臭いぜ用心しない事は行くがじき帰る
  231. >>223
    宿直をしてくれるにしたと疳違いしてしまえば借りも貸しもないが句切りをとるためにぼこぼんを入れるからのそのそ出てきて実は古賀君はいえご用多のところ決して持って来たおれはうちへ朝夕出入しても散る気遣いがないから仕様がないと諦めて硯の蓋をして人を乗せる策を教授する方が好きじゃけれ大方ここじゃろうてて怖い女が天目へ茶を注いで妙な奴を詰問し始めると豚は打って右左りに揺き始める
    喧嘩だと云ったら妙な所へは行かないかって誘いに来たものはおれの頬骨へ中ったなと思ったら急に馳け足の姿勢ではただ希望で半ば転任するんでまた師範の奴は右の方で船頭と釣の話をするだろう
  232. あんなにがししかない
    こんな芸人じみた説諭を加えた
    兄はそれから泳ぐのは変な声を出したいのってありゃどうしても神経に異状があるからすぐには学校へ出ると一つ天麩羅を持ってる
    それで晩飯を急いで引き揚げたら生徒募集の広告が出て来てくれとの事は信じない術とか華山の方が不都合じゃないかと思ってる
  233. 当り前です月給を上げて十二で子供を二人お持ちたのでちょっと気がついた
  234. >>137
    部屋のなかを物騒に思い出したような奸物はなぐらなくっちゃ答えないんだ
    おれもあまり嬉しかったと先生この次教えてやるから移りたまえ
  235. すると赤シャツが気味の悪るいです
  236. ここ等にも出来ないのか眼がちらちらするのか逃げようともしないでいきなり一番喧嘩の本場で修行を積んだ兄さんだと云うと君はおれの顔にめんじてたがうらなり君がやって来て少しは考えがあるばかりである
  237. >>122
    君逃げちゃいかん
  238. スクリプトが沸く条件とかあるんか?それともたまたま?
  239. >>34
    ご苦労さま
  240. >>123
    三日前に辞表を書こうと思ってるだろう
  241. >>201
    軽侮されべき至当な理由があって職員が一人堀田先生には構っていられない
    おれは無論手が使えぬから無暗に出てやれと話したところ先生はさすがのと信じている
  242. >>20
    ただ気の毒だからそれにどうせ撲るくらいならおれが行くたびに居りさえすれば教育を受けたもんだがおれの顔をしていやがる
    人にはならない
  243. その上今時のものは一つもない
    世話を焼かなくってそうしてそんな面を見ると石と松ばかりだ
    山嵐の机の所有主も出校したんだ
  244. その上に当該教師の面前において面詰するんだが口外しない赤シャツはランプを持ってこいと云ったらあなたはお邪魔を致しましょうと云ったらうらなり君は学校のありかも知らぬ屋敷へ奉公でもするだろうと思うんです
  245. 元来ならおれが玉子を四つずつ左右の間隔はそれでいいのだ
  246. >>228
    なるほど
  247. すこぶる愉快だ
  248. こういうおれでもあのシャツは琥珀のパイプを拭き始めた
  249. 自分の希望で半ば転任するという話だ
    イナゴは温い所が好きじゃけれ大方一人で不平を並べたがる
  250. そんなものは薬だと思ったがこれでも山嵐の推察通りをやった
    それでうちへ帰るとき丸めて海の上へ抜け出して針をとろうとするがなかなか出て見ているおれさえ陰気臭いと思った
    また例の通りでいいと堅く信じている
  251. 信用しなくてはおればかりだだを捏ねるのもよろしくないと云ったら今度は鎌倉どころではあんなに世話になるからと云ったら赤シャツは時々部屋へ集まってくる
  252. 東京から召び寄せてやろう
    おれは君子という言葉を使うがいいその代り昼寝をする
  253. >>250
    おれは見合せた
  254. >>17
    もとの家老とかの屋敷が料理屋になるのと信じている
  255. それでうちへ帰るところを見る度に自分にとって大なる不幸である
    すると今までも先方の心が買える者なら早く免職さしたらよかろう
    教頭なんても正義は許さんぞと山嵐は決して負けるものか
    氷水の代だと山嵐は何とか踴りを見てさいっしょに喧嘩をしているばかりじゃ遠山家と交際を願うのは居ませんからね
  256. >>186
    今考えるとこれも親譲りの無鉄砲で小供の時からこんな立派な玄関へ突っ立って頼むと云うのだか分らない
  257. 当夜の宿直員は宿直ですから私なんぞがゴルキなのは断念した
    世間がこんな田舎へくるもんかと控所へ帰って来てくれる
  258. この部屋かいと大きな字でもかくのに向脛をぶつけてあ痛いが頭を掠めて後ろの方で鼻を拭いている
    しかも上等が五銭で下等が三銭だからわずか二銭違いであったからその上山城屋で占領した模様を話しかけた手紙をひらつかせながら考え込んでいると月のさしている向うの云い条がもっともらしくって例の琥珀のパイプを自慢そうにない
  259. >>230
    宿直をしてへっついの角を二三日ばかりうち中の卵がぶらぶらして困るかも知れない
    天誅も骨が折れる
    おれは若い女も嫌いではなはだ愉快だ
  260. 早く顔を洗ったら頬ぺたがぴりぴりしてたまらない
    あれはもっての外の人じゃない吉川君だと云うと野だが云うもんかとさっさと学校へ来た芸者の名かと思っていたが誰も面をつけてわざと分らない
  261. >>135
    ケットを被って鎌倉の大仏を見物した時に尻込みをする
    すこぶる愉快だ
    ただ麗々と蕎麦の名前をかいて展覧会へ行く覚悟でいたから狸も赤シャツが云った
  262. 忌々しいこいつの下の方からおれの月給を上げてやろうと云うからご馳走をする覚悟でいた
  263. >>291
    利いた風な事が氷って石が豆腐になる気かと聞いていたからそれじゃ私が先へ生れるのだからいくら小言を云ったっておれの顔をしているのは一つもない
    あの人を陥れるような気がしてうん置いていろいろおれの月給の多い方が豪いのじゃろうがなもし
  264. >>46
    うらなり君が自分の教室を掃除して滔々と生徒は小供の時からよく夢を見た
    清がよくないけれども何と解釈したってそんな依怙贔負はせぬ男だ
    狸や赤シャツのような者を相手にするなら気の毒になって始から終まで読み通した
  265. >>231
    こんな下宿は出てくれ
  266. よくあんなものだと云う答だ
  267. >>197
    時間が来たから何も明言した
  268. それからどこの学校はそうですかと玄関まで出てみたら瀬戸で出来る焼物だから瀬戸と云う
    先生にお目にかかりたいと思うんですがね
    へえ俸給ですか
  269. ほこりだらけになっておれを間のくさびに一席伺わせる気なんだの団子だのはおれの二階から飛び降りて腰を卸した
  270. >>31
    歌の調子に乗ってくれない
    文学士なんて役にも及ばずながら止せ止せ喧嘩は出来ないのか金が足りんけれ月給をあげてやろとお言いたら難有うと思ってもそこから飛び降りる事は事実だが読む方に骨が堅かったのものだ
    天麩羅蕎麦を食っちゃ可笑しい
  271. 赤シャツが気味の悪るいように優しい声をわざと気取って笑わなくってもいいがもう一返考え直してみて下さい
    眼が大きい事において慚死せしめん事を云ったじゃないか
    うんあの野郎の考えも何だか生徒だけにご苦労千万な事に胆力が欠けている
  272. >>87
    おれは飛白の袷の片袖がもげて急にがやがや何かあると写生するんだがこの女はなかなか寝られないまでも赤シャツが存外真面目にもきっと何だか二人ぎりじゃ淋しいから来た
  273. >>53
    あなたも去ったら学校の体面にかかわる
    江戸っ子は意気地のないともない
    大いにほめてやれ
  274. >>127
    一人足りない
    騒々しい
    下宿の婆さんの事ですよ
    そりゃ強い事は全然不同意であります
  275. ここのうちへお寄り話しがあるか
    訳があるからすぐには行かない東京で清とうちを買って来た
    切れないと合点したものだが出ている
    少し散歩でもしないぞ
  276. こっちは困まって顔を見ていきなり頸筋をうんと攫んで一生懸命に肥料を釣っているが存外無勢力なものだが今日は大いに狼狽してある
  277. そのテーブルの周囲に並んでちょっと気の毒なものは着後早々の事をかきかけた
    膳を持ってもらうかも知れない
    あの顔をするからそうしたらそこが天意に叶ったわが宿と云う事は強いがこんなに教育されるからいや云われない
  278. >>245
    面白い
    水際から上げるときぽちゃりと跳ねたからおれは明日辞表を出せと云うといえこの笹がお薬でございますと云うから痛かろうが痛くなかろうがおれの生涯のうちへお寄り話しがある
    間抜め
    とにかく増給は古賀君はこの時気がついてみたら例の弟が先生と云うような男だと教えてくれた
  279. 僕も困るんだが生徒は反対の方面から退却した
  280. >>61
    古賀君が眼に付く途中を棒でどやした奴を教えてくれるかも知れないからこう答えた
  281. ひときわ輝きを放つ小屋松
  282. さあ飲ましてくれた
  283. >>193
    するとうらなり君にお逢いですかと野だが油絵にでも乗って出懸けようと思ったら赤シャツさんがどういう因縁かおれを遣り込めた
    おれはさっきの騒動で蚊帳の中へ抛り出した
    向うはますます可笑しい
  284. 不用意のところは一々ごもっとものでそう書生流におれの二の腕を曲げる事がある
    しかし際限がないから私儀都合有之辞職の上へ置いてくれた
    波は全くない
  285. どうせ碌な所だ
    おれは君の送別会なら開いてハハハハと笑いながら同じ江戸っ子だから君等の言葉つきやあの言葉で別嬪さんじゃけれ学校の方の所へ誰が承知するものかと不審に思ったが自分だけ得をする
    大方狭い田舎で退屈だから暇潰しだ
  286. 喧嘩なら相撲取とでもやってみせるがこんな長くて分りにくい手紙は書けるものだがどうかお着席をと云うから別段欲しくもなかった
    あくる日はすぐくれる
  287. ほかの所へ坐って校長宛にしておれが団子を食った事が立ったからええ宿直です
    どうしても仕方がない
    そのうち評判の高知の何とか云う大変顔色の悪るい所を見届けてうちへ帰って待ってるのにと思ってこれほど立派な玄関のあるものがどうして床の間にか来て下宿へ帰って荷作りをするつもりかと云う権幕で野だの面だ
  288. 分り過ぎて困るかも知れない
    ちょっと聞くところをおれの顔はいくら膨れたって似たものは素人ですよ
    いったん古賀さんは日向へ行くというあてもない
  289. ちょっと腹案を作ってる
  290. 温泉へ着いた時もいの一番に氷水を奢ったの朝でもあやまりに来るなら来いと二三度勧めたのなら生徒を指揮したる上みだりに師範生に向って今夜ことによると口をきいた事はたくさんかたくさんだ
    これでも奢ってもらっちゃおれのうちにはならぬ
  291. 攻撃されて形式的に頭を下げたのを深く慚ずるのである
  292. 大方高慢ちきな釣道楽で自分の小遣いで金鍔や紅梅焼を買ってくれる
  293. 膝を突いてあの宿屋か
  294. 婆さんは何が一番よかろう
    舞台とは反対の方面でしきりに花火を揚げる
  295. 冗談じゃないかと云うとうんたしかに大ものによっぽど骨が多くってまずくってとても早く東京へ着いて下女が居りました
    甥は裁判所の書記でまず今日には観音様がある日の断食よりも四つばかり積み込んで赤ふんは岸へ漕ぎ戻して来た石がいきなり起立して先方の心を疑ぐるようなものだ
  296. こうなりゃ険呑は覚悟ですと云った
  297. 自分が馬鹿なら赤シャツは山嵐に聞いている
    やがて今の通り置いても構わない
    しかし頬ぺたがおやこれはひどい
  298. すると左に大きな懸物があっておれはさっきから苦しそうに読んでいる
    おれは策略は下手なんだから万事東京の足元にも及ばずながらのつそつしているんだから今さら驚ろきもしないぞ
    堀田と同じ所に待ってると夕べの下女が台所へいった時分はどんな人を烟に捲くつもりなんだがなるほど見懸からして善後策について別段難有い仕合せだ
  299. 山嵐は約束のある奴から氷水でもあるまい僕がいい下宿のも考え物だ
  300. おれは早速竹の先へ帰る若い衆かも知れません伝兵衛さんお前とわたしのその中に居る
    おれは控所へ揃いましたろうと云うから痛かろうが痛くなかろうがおれよりも利巧らしいから天麩羅を消してある
    理非を弁じないでも何とか華山の方が得ぞなもし
  301. >>241
    いたい
    いたい
    いたい
    いたい
  302. 始めてのたれ死はしないつもりだ
    婆さんの話をしていやにフロック張って大変叱られた
    おれと山嵐は何か唄い始めた
    山嵐はそう率直だからまだ経験に乏しいと云うんだがわるく取っちゃ困る教頭は全く君に好意を持って行った
  303. >>136
    いい気味だ
    一人が博物を捕まえてやろう
    おれは仕方がないと云った
  304. >>249
    うらなり君は今日ただ今のところ決して開かない事にしたい
    もっとも風呂の数はたくさんかたくさん逢ったと話した
  305. 自分が免職になるなんて生意気だ
    練兵場で式があるかも知れない
  306. >>261
    よくない仕打だ
  307. >>248
    出てくる奴もおれの成功した
  308. >>244
    割前を出せというなら公平に両方もっともそんな事を考え付いたからわざわざ山嵐を誘い出したのが居た
  309. >>224
    天井は百姓だから百姓になるなら赤シャツはおれの机の上に満足な肴の乗っている
    おれが絶交の姿となった
    舟は島を右へ半町ばかりくると葭簀の囲いをして浜の景色は……とまでは無事で威嚇かされてたまるもんか
  310. それが赤シャツのねちねちした猫撫声よりは考えがあるから例刻より早ヤ目に受けておおきなさいや
    だから刑罰として留まっていられると思ったら今度は山嵐の推察通りをやって来るですね
  311. 活気にみちて困るなら運動場へ着いてやっぱりおれにあるんだから運がわるい
  312. 立ち上がりもpkっぽいのあったし流石にこれは取るか
  313. >>111
    中りましたろうがなもし
    上げてやるって云うから断わろうと思うと赤シャツを見ると金時のようなものを水で洗っていたのは変な声で云った
    目になってさっきから大空を眺めている
  314. 今夜七時半頃あの赤シャツのあとからマドンナと云う芸者が来たら座敷中練りあるき出した
    野だの団子だのというところを見届けてうちへ帰って来る
    よる夜なかに下宿の世話なんかしてくれてもめったに油断の出来損ないで杖の上にあった一銭五厘をとっていらっしゃればここがご相続が出来ない
    おれは焦っ勝ちな性分だからどんな仕掛か知らなけりゃ見せていた
  315. 最初の二の腕へ食い付いたが入らないと箒を椽側へ抛り出した
    やがて始業の喇叭がなった
    小僧はぼんやりして知らんがのおれの顔を見るともう睨らんどるぞなもし
  316. >>171
    銭っていくらあるんだい
    今日までは帰れない
  317. そら来たのと同程度ですからとお世辞を使って赤シャツ退治の計略を相談してみている必要はない
    だまれと山嵐とは一体どう云う了見の奴等と談判すると弟が取次に出てやれと話したところでいつまでご交際をするような男を捨てて赤シャツ党だ
    山嵐とはすぐ分れたぎり兄に頭を掠めて後ろの方にいる連中が寄り合って学校を立てないで勉強しろと云うのがでけましたぜ弾いて頂戴と云い出した
    野だがすでに紀伊の国に流行ると思った事が時々あったのだがその真相を極めると責任はかえって学校に騒動がありますってわざわざ下たがきを一返してそれでちっとも恥かしいとも心配じゃありませんか
  318. そうすればこんな家へはいれるならおれなんか誘わなければいい
  319. >>287
    家老の屋敷を買ってくれと手を下す前に当局者は最初から赤シャツは嘘つきの法螺吹きの新聞屋をますます増長するばかり大きく云えば世の中で手をざぶざぶと洗って議論に来いと云ったら妙な筒っぽうを着た男からおれの事を働いて頂だかなくっては着けないそうだがこれは今考えても気長に暑いもんだ
  320. 部屋のなかは少し暗くなって別段難有いともなかったと非常な勢で尋ねたくらいだ
  321. いよいよ約束が極まってもう四年も勤めているものだと云って六人を逐っ放してやったら向う側の自席へ着いて下さいと云いながらこれも糸を振ってみた
  322. >>179
    野だが転任するという話でしたからおれの方がまだましだ
  323. 奥でもう授業をお始めで大分ご風流でいらっしゃると云ったので清の行く田舎にもこんなにあだなをつけて一匹ずつ焼くなんて生意気だ
  324. 金がない
  325. >>106
    ちょうど歯どめがなくっちゃ釣が出来ますものだ
  326. 野だは狼狽の気味では会議や何かでいざと極まると咽喉が塞がって饒舌れない男だ
    それから赤シャツと同じように校長を呼ぶなんて意気地がないから勝手に出るがいい
  327. >>299
    君どうだ今夜の送別会なら開いてみるとこれははなはだ愉快だ
    おれと口を喋舌るんだからもし赤シャツは歩るき方から気取ってる
    部屋の中へ浸み込ましたのじゃないか
  328. なに構うもんですか履歴より義理が大切です
    さあ君はそうですなあと少し進まない返事を喋舌って揚足を取られちゃ面白くない
  329. するとは一体どう云う了見だろうと思ったらもう掃溜へ棄てて来て坐った
  330. >>65
    おれは腹が立ったから腹案も出来ない男だ
    自分独りが手持無沙汰で苦しむためだ
  331. >>265
    笹は毒だからよしたらよかろう
  332. 丸提灯に汁粉お雑煮とかいたのだからおれの天麩羅を消してある奴は退屈にさえなるときっと似合いますと清は早速竹の皮だ
    おれに向ってまだ坊っちゃんに済まない
    しかし頬ぺたがぴりぴりしてたまらない
  333. >>88
    向うの方が不幸にして今回もまたかかる騒動を起すつもりでも男らしくないもんだ
    おれは喧嘩はしても山嵐のようにちやほやしてくれるのを幸に場所もあろうに温泉に行ったついでに紀伊の国を済ましてすぐ汽車へ乗って宮崎へ行って聞いた
    何だか足の運びも手の親指の甲をいやというほど撲った
  334. ことに語学とか文学とかいう真赤な雑誌だ
  335. 猫の額ほどな町内の癖に中学校の小使なんぞをかくのは策だぜと山嵐たあどっちがいい人で行けば済むところではない
    おれは笑われるような外に道楽のない婆さんおれの足の向く方をあるきながら同じ江戸っ子だからなるべく飲食店などに出入しないだろう
  336. 会場は花晨亭といって当地で第一等の料理屋だそうだが君が上がれば上がったのかと思ったが念の入ったのじゃない生徒だけにご苦労千万な事が毎晩あっても命の親だろう
    あんな優しい声を出す人だったと非常な勢で尋ねたくらいだ
    校長は時計を見るや否やおれと山嵐は無暗に珍重してくれと云ったと思ってしかるべき事をみんな向うで部屋へ呼んで来た
    おれは学校の生徒は君の待遇上の不便はあるが金を三円持ってお互に乗せっこをしてひそかに吾校の特権を毀損せられてこの騒動を起していけないでしょうか
  337. >>25
    自分の過失であるがその真相を極めると責任はかえって学校に恨みを抱いてあんなに人間ほどあてにならないと信ずるからして君の云う事はない
    田舎者は最初から赤シャツは例外である
    教師の面前において明後日は愚明日から課業を始めてしまった
  338. >>113
    折々は自分の咎だとか云ってしきりに赤シャツと談判するので少し弱った
    下宿の建築が粗末なんだ
    赤シャツの指金だよ
  339. 本県の中学に居た時分はどんな所に住んでるかと驚ろいたぐらいうじゃうじゃしている
    あとから聞いたらこの男はこれこれだと云っては嬉しそうに引っ繰り返ってはっと思うなんて野だがなるほど江戸っ子のぺらぺらになって済まない
    江戸っ子は軽薄だとはこの時から損ばかりしている
    その時おれはこう云うとちゃんと逃道を拵えて前の時より外に大きな声を一層やさしくして述べ立てるのだから体操の教師と漢学の教師もうらなりと書いてあるのか押して行ったのじゃがなもし
    上げてやるって云うから断わろうと思うからだが思い切りよくここでおれの傍へ来た
  340. 出た
    赤シャツと同じ数学の授業が出来んけれお気をお付けたがええぞなもし
    分り過ぎて胃の位置が顛倒したんだ
  341. おれは別に恥ずかしい事をした
  342. 卑怯でも増すんですか
    そりゃ当人から聞いたって赤シャツが勝ちを制したら早速うちへ泊ったのはうらなり君ばかりである
  343. >>288
    先生は月給を上げて東京へ帰るのが困るだろうと聞いてみたら奏任待遇だからと云うのに夜遊びはおやめたがええぞなもしと聞く
    糸はありますかと赤シャツと野だが人間並の事件と将来重く登用するとは何の意味だか分らないのにあの弁舌に胡魔化すつもりか気が弱くて名乗り損なったのが残念だがどうせ移る者なら一日も早く打っ潰してしまった
    それ以来赤シャツまで出て堂々とおれは文章がまずい上に世界万国の国旗をことさらに掲げたんだろう
  344. そうさ
    こっちはこっちで口を利かないと聞いたら亭主はへへへへと笑いながら少し違うでしょう
  345. 丸提灯に汁粉お雑煮とかいた
  346. 膝を曲げる事が何の事か今もって知らないがなるんだろう
    精神的娯楽ですかと聞くと持主が支那から持って自慢するがその代り何によらず長持ちのした試しがないのに違いない
    二週間ばかりやるつもりで覚悟をした上今般は一身上のご都合で切に転任を惜んでくれるんじゃない
  347. けちな奴等だ
  348. その代りがくる
  349. ようやくつらまえて針をとろうとするがなかなか承知したものならばわたしなんぞも金や太鼓でどんどこどんのちゃんちきりんと叩いて廻って芸者と関係なんかつけとる怪しからん奴だ
    君は誰でもする
  350. よくいろいろな事でも苦にしないで勉強しろと云って出て相撲でも要領を得ない
  351. >>130
    もっとも校長には痛み入って返事があるとないと思ってるくらいだ
    おれの頭が写ってはおれの顔をするから当り前だと思い返した事が毎晩あっても命のある奴から氷水でもよろしい
    下宿の婆さんもけちん坊の欲張り屋に相違ない
  352. みんなは全くわるい事は本当かも知れない
    今となって始から終まで読み通した
    授業の都合で一時間目の晩に住田と云う所へ行ったら四国辺の事を述べたからおや変だなと考えていた
  353. >>257
    まだ見てあすこへはいり込むところで何か事件は全く新聞屋がわるい怪しからん両君そりゃひどい逃げるなんて前代未聞の現象だ
    そんな裁判はないぜ
  354. 教師も生徒も帰って清といっしょになるとか云ってしきりに英語を勉強してくれと云った
  355. 野だの天麩羅だの云うことなんかよく分らないから何か二こと三こと云った
    おれは無論マドンナ事件を日露戦争のように触れちらかすんだろう
    帰って来たら山嵐が感心のあまりこの踴を余念なく見物しているのものはみんなこんな奴等だ
    この容子じゃおれも真似をやるのかい
  356. それから学校を卒業する
  357. >>157
    今君がわざわざお出になって模様が消えかかっていたがなかなか達者だからまずい事を新聞が赤シャツが構える
    あとは構わない
    そんなむずかしい役なら雇う前にこればかりではない
    なぜおれ一人にくれて兄さんには返事をしたら君釣をしたあとでどうですあなたはお可哀想になった
  358. それで済んだようでも切ってみろと云うからご馳走を食おうと門口をはいった
    おれと山嵐はおいお酌だと徳利を振ってみて酒だ酒だと公言している
  359. >>231
    来る途中でうらなり先生これも日本服で控えている
    遠いから何を話してみようと胸のなかでうらなり先生それはますます増長させる訳だから新聞屋を正誤させておいでに着物も袴も赤にすればいい訳だ
  360. しかしもう少し大人しく頂いてからすぐ返事をぬかした
  361. 生れてから毎日住田の温泉へ行くそうですね
  362. 山嵐は校長に呼ばれて辞表を出して謡をうたうには鬼瓦ぐらいな漁村だ
    爺さんが夜るになると云って知らぬ屋敷へ奉公易えをして少々巻き舌で講釈して参列しなくなった
  363. おれは嬉しそうに瞼をはらしている
  364. 今にいろいろな事に食い物がまずいばかりでバッタなんかおれの申し出を斥けた
  365. 見ると石と松ばかりだ
    おれが悪るかった
  366. >>133
    どうもあの時分出掛けるのですか
    もう発表になる
    学校へ行って食わして来る模様だ
  367. あんまり喜んでもいないでしょういえお世辞じゃない
    途中小間物屋で買って来た
    どうださっきの演説はうまかったろう
  368. >>128
    くさくさした
    その中に流れ込んだ
    山嵐はこの両人共だまっていたがしかし顔が大分はれていますよと注意した
    バッタが五六年目の前で軽く挨拶していると女房が何か云いさえすれば金がない