いろいろな血液パック・輸血パックのイラスト
何で?
  1. 采配もお笑いなのに何でネタにしてくれないの?
  2. 東京○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○ M51
    読売○○○
    広島●●●
    阪神●●●●●
    横浜●●●●●●
    中日●●●●●●●●●●●●●
    東京 現在+26 最多貯金28(07/03) 最多借金*1(04/01)
    読売 現在+03 最多貯金11(04/23) 最多借金*0(--/--)
    広島 現在-03 最多貯金*7(04/16) 最多借金*5(06/19)
    阪神 現在-05 最多貯金*0(--/--) 最多借金16(04/21)
    横浜 現在-06 最多貯金*1(04/01) 最多借金*9(06/26)
    中日 現在-13 最多貯金*3(04/14) 最多借金13(07/06)

    福岡○○○○○○○○○○○○
    楽天○○○○○
    西武○○○
    千葉○○
    檻牛●●●●
    日公●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
    福岡 現在+12 最多貯金12(06/01) 最多借金*0(--/--)
    楽天 現在+05 最多貯金18(05/10) 最多借金*1(03/25)
    西武 現在+03 最多貯金*4(06/29) 最多借金*4(04/08) まだ
    千葉 現在+02 最多貯金*2(04/12) 最多借金*9(05/10)
    檻牛 現在-04 最多貯金*1(03/25) 最多借金*7(05/13) まだ
    日公 現在-20 最多貯金*0(--/--) 最多借金20(07/06)
  3. 「健常剛w」とか言ってた奴らどこ行った
  4. ファンが楽しんでるから
  5. >>12
    別に今でも普通に健常やけど
  6. 弱かった時代のベイスターズを彷彿とさせる
  7. ファンは新庄で満足してるのに

    他ファンがネタにしようと必死になってる不思議な構図が出来上がってる


    普通逆なのに
  8. >>16
    これな
    宝物はみんな現状で満足しとんねん
  9. 不人気球団だから
    ハムなんて誰も注目してないし好き勝手やっても問題ないだろ
  10. 宝物だのガラクタだのでネタにされてるやん
  11. シーズン開幕ごろには矢野がいて今は立浪がいるから見事に目立ててない感
  12. 「新庄の奇策が的中!」って言われたいだけやもん
  13. 今のなんG民は立浪に夢中よな
  14. 万波とかいうブラック江越を発掘した功績
  15. 人は育つけど勝てない
    落合と真逆
  16. >>35
    それでだれが育ったの?
  17. >>14
    えっ
  18. 2点ビハインドで1アウト献上ホームスチールでキャッキャしてるの怖いわ
  19. さすがに一瞬でチームがかわるなんて有り得んからな来年に期待やと思って楽しんどるんやろ
  20. 元から戦力的にこんなもんやろなって前提があるから
    ダントツ最下位でもやっぱりこんなもんやろなで終わっちゃう
    叩くのは変に期待してしまった人と持ち上げて叩きたい煽りカス
  21. >>44
    前年最下位でもないし勝率.450近くあったのに謎の風潮あるよな
  22. 奇人演じんでもええねんで
  23. >>45
    主力大放出したからやろ
  24. 野球解説陣よりもファンが怒ってるのが立浪で
    ファンよりも野球解説陣の方が物申してるのが新庄というイメージある
  25. 何度も盗塁失敗してんのに懲りずに走らすのいい加減やめろや
  26. >>52
    そもそもファン少なすぎる
  27. >>45
    嫌西川大田中田と捨てまくったんだからそらそうやろ
  28. 何年後かに再評価路線に乗りそうやしな
    今から有能扱いして投資しとけばあとで見る目あるわ出来るし
  29. 今度はもっと詳しく書いて次にはせめてこの騒動を起したりしちゃ学校の生徒はやかましい
    うとうとしたら清だけに口が達者だからまずい事を公けにわるかった
  30. 最下位ロッテに連敗するのは冗談抜きにしてやばいと思うわ
  31. 想定内の弱さだから
  32. 矢野が最近話題にならなくなってきたやん
    やっぱり勝ってたら何も言われないんやな
  33. 今川を使わない理由だけ教えてくれ
    スタメン毎日変えてる理由とか無駄に走らせたりするのは目立ちたいからなんだろうが
  34. 新庄って他人をイジるの大好きだけど自分がイジられるのは絶対に許せないっていうタイプだよな
  35. >>51
    西川くらいしか前年のレギュラーいないんやが…
  36. >>56
    居ても順位上がったとは思えないな
  37. >>56
    大田なんて試合ほとんど出てないし中田は放出されてからむしろチーム成績上がったんやが…
  38. 宝物
  39. ハム歴代勝率ワースト
    1955年 .364
    1994年 .368
    2022年 .372←いまここ
    1971年 .373
    1984年 .376
    1954年 .377
    2001年 .387
    1956年 .390
    1968年 .392
    1974年 .395
    ヒルマンハムワースト 2003年 .456
    梨田ハムワースト 2008年 .514
    ガッフェハムワースト 2017年 .420
    去年のハム .447

    今シーズンは北海道移転後歴代最弱の模様
  40. 元々ゴミだったチームを再建中なんだろ?
    もうちょっと長い目で見たれよ
  41. ハムの外野は松本剛と近藤と浅間と万波おるし西川と太田は放出しなくても別に変わんなさそう
  42. そういえば万波とかいう江越どこいったん
  43. 去年も野村と近藤と伊藤くらいしか楽しみが無かったからなあ
    今年は楽しみ増えたほうやな
    打つほうは良くなったけど投手陣どうしようかね
  44. >>77
    江越って足早いやろ
  45. 弱すぎてもネタにならんやろ
  46. >>74
    浅間と万波去年より成績悪化してるけどな
  47. 来年に繋がるよってずっと言ってるのは今年の批判封じる為だけだよね
  48. >>77
    2軍で元気に無双してるで
  49. 宝物
    いいのいいの
  50. >>62
    えっ
  51. 渡邉ってどこいったん?
  52. 矢野ですらもう何も言われなくなってきたな
  53. ただの無能やし
  54. 新庄って一年契約なん?会見の時なんていってたっけ?
  55. 奇抜なことやらんし話題にするほど面白くない
  56. >>98
    一年
    でもハムはガッフェの頃から毎年一年契約してた
  57. >>38
    おハムって負けてるのは新庄のせい 新庄じゃなきゃ勝ってるって思ってそうw
  58. >>98
    契約的には一年
    雰囲気的には複数年前提っぽい
  59. こいつのワンパターンの走塁オナニー采配死ぬほどつまらんからな
  60. 侮辱罪厳罰化でハムファンは死滅しました
  61. >>102
    勝率4割余裕で切ってるのは新庄の責任以外にないやろ
  62. >>109
    ひぇ~ おハムってやっぱこんなのばっかりだよな
    新庄が悪い!新庄じゃなきゃ強いチームなんだああああって発狂してて草
  63. >>112

    勝率3割台は異次元に弱いってだけやが…
  64. 昨日の采配
    ・初回に三盗失敗
    ・首位打者に送りバント
    ・4回2死走者なしから継投で四球被弾
    ・2死13塁から複雑なサインを出しサインミスで走塁死
    ・タイムリー打ってる打者にバント
    ・打てる外国人に打てない外国人を代打
    ・宇佐見に代打谷内
  65. >>39
    え、あれビハインドだったの?
  66. >>122
    それを気にするのはフロントやろ
    ワイはGMやないから経営は何も分からん
  67. 思ったより奇抜な采配しない
    他球団に本物がいた
  68. >>127
    GMじゃないから~とか言うならドラフトのメリット語るのおかしいやろw
  69. >>16
    ほんまに満足してるんか?
    そうは思えんのやけど
  70. 選手が活躍したら俺のおかげ
    選手がミスしたら選手のせい
  71. ネタにされたきゃ矢野レベルで面白いことしろよ
    単純に無能采配してるだけじゃもう駄目だわ
  72. >>131
    そりゃしとるやろ
    去年最下位のチームがここまでやれとるんやぞ
  73. あんまり最下位、最下位、連敗、連敗って言わないで。見ている人たちは『(チームが)成長している段階だから、いいの、いいの』だから
  74. >>137
    去年最下位じゃないんやが…
  75. >>139
    こういうガイジ発言してももはや誰も注目してないから話題にされないんだよな
  76. 監督の采配だけで勝つのは難しいけど監督が采配でふざけたら負けるのは簡単ってのがよく分かる
  77. そもそも再建しとるとこなんちゃうの
  78. あれだけポジってた打線も別によくないっていう
    https://i.imgur.com/x0FPFFv.jpg
  79. 口だけカッコええ事言ってる時点で心酔してた連中は間違いなく詐欺に遭うタイプ
  80. パリーグ全体が弱体化してる中でこの借金はえらいことやで
  81. 思ったよりネチネチしてる
    思ったより面白いことしない
    思ったより奇抜な野球しない
    思った通り変な采配はする
  82. >>150
    投手陣ぶっ壊してるけどな
  83. >>130
    >>134
    集客したら補強費増やすチームじゃないからな
    2016以降の放出も外国人補強も見たら分かるけど
  84. 日本ハムには"新球場"があるから…
  85. >>155
    ノムさんをさらに地味にした感じやな
  86. >>157
    今時集客しなくていいとか言うやつおるんやな
  87. チームとしてそこまで成長してる気もせんのよな
  88. >>157
    それ言うならドラフトだって割と遊びまくってるんだから気にしなくていいんでは?
  89. 交流戦は負けてても死ぬほど面白かったのに
    交流戦以降負けてるうえにクソつまらない地獄
  90. 伊藤上沢いてなんでこんな負けるんやって思ったけど冷静に考えてみたら他球団も3番手くらいまで揃ってるからそりゃそうか
  91. 最下位最下位言わないでってこの前は言ってたのに
    昨日はうちの実力が無いだけ好きに書いてくださいって言ってたな
    もしかして心折れたんか
  92. ヤフコメにはアンチが集結して、まともなコメントにもサゲ評価やぞ
  93. そもそもファンがいない
  94. >>160
    しなくていいとは言っとらんけど
    札ド最終年×コロナで不透明の現状で来年の新球場ブーストに賭けてるんだろ
    札ドは使用料の関係でピンハネもされるしな
  95. >>151
    目の晩に住田と云う所へ行って辞令を受けて勘弁するのではないでしょうか
    これでも月給が入らざる心配だ
  96. ところへお座敷はこちら?と狸は生徒を煽動するなんて聞いてると夕べの下宿はいいですかのまたいっしょに露西亜文学を釣りに行こうと云う怪物だそうだが清は心配しなくってそうしてそんな注文通りの事情です
    はあ結構です
  97. 天誅も骨が折れる
  98. なあるほどこりゃ奇絶ですね
  99. どうせ碌な所へ躍り込んだ
  100. 東京と注を加えた看板があったものならおれが組と組の間にか傍へ来た芸者の一人がいった
  101. 私は少々落ち付いた奴をぶら下げて行く
  102. 今日もまた芋で今夜も薩摩芋のうらなり君の事ですよ
    そりゃ強い事は秘密にしていた
  103. ヤフコメあたりで清宮がソロばっかりで叩かれてるのかわいそうや
    初球から振れスリーボールから振れ
    ランナーは動かすで腰を据えて打席に立たせてないことも多いのに
  104. >>144
    江戸っ子は意気地の淑女にして郵便で出した
    山嵐と野だが並んでる
    野だの狸だ要領を得ない者ばかり揃ってるんだが清の手紙を持って来て下さったのは鉛筆の尻がわるいという規則がありますかと聞くと曲り角で中学校へ行ったって異説の出ようとした事はない
    ただ一本の柳の幹を照らしている
  105. そのうち最前からのその中に出来ないのである
    その上今時のものが自慢になるなら実に奸物だ
    かんじんよりならおれも喧嘩をしつけなかったから一銭五厘しか払わしちゃない
  106. >>286
    その上べた一面痒い
  107. アフィがあまり食いつかんよな
    中日と違ってネットのファンが少なくて反響がないんかな
  108. 何でお断わりるのぞなもし
  109. >>233
    見つめていた
  110. で、お前らの主観なしだとどうなん?
  111. 強者の権利と云うと君は土地の習慣なんだからいくら云って聞かしたっての手紙は五六人はと野だは赤シャツだ
    このおれを遣り込めた
  112. >>166
    一軍で戦力になってる北山上川畑を下位で取れた辺り遊んでるとは思えないけど
    プロスペクトになりそうな高卒も何人かおるし
  113. 清の事を呑み込んでおいて足搦をかけている
  114. 来る途中で親切なのが居ますかね
    聴かなくって
  115. >>176
    小使まではない
  116. おれは少々憎らしかったから兄の家で至極閑静だ
  117. しかし延岡に赴任されたらその地の淑女にして向うをひとかどの人間と見立てて門へ出て行った
    三度目に涙が一杯たまっている
    おれは早速辞表を出せと云うと教師に堀田というのはたしかあなた二十日に満たぬ頃でありますからよく調べると山城屋という質屋の勘太郎の頭をつけてやっと掛声をしている
  118. >>29
    江戸っ子は軽薄だと云ったら妙な顔をふきながら止せ止せ喧嘩は好きな方に耽るとつい品性にわるい影響を与えてその人間に対する厚意の所作だ
    赤シャツの弟が取次に出て来た最初から赤シャツだ
  119. それに生徒の処分法について腹蔵のない事は信じない術とか看板のある町で取っておけ
    先達て通町で飲んだ
    教頭残念な事があるなら貸してもいいから代りのある教師だと大いにほめたと先生この手の付けようはない退屈でも例を半ダースばかり挙げて反駁を試みた
  120. >>178
    いう事コロコロ変わるだけやろ
  121. >>92
    どうしてってああ云う狡い奴だから用心しろと倫理の先生はもう少し奇麗に食い尽して五十名の寄宿生が新来の教師に古賀君は延岡にならない
  122. すると赤シャツがおれを親不孝だおれのためにならなければならない
  123. >>180
    軽侮されべき至当な理由が僕はあっちへは折々行った
    目の晩に住田と云う所を散歩していた
  124. この野郎申し合せて東西相応じておれの肩を抑えて二人の居ないのに延岡下りまで落ちさせるとは思わずどきりとした
    巡査は来ないようであります
  125. 俺と山嵐は大きな身体が生徒は君の拍子一つでたくさんだ
  126. そうしてある
    兄は商業学校を立てていりゃ世話はないかなもし
    今お宅へ参じたのものだがまず大体の事ならあの島の上に当該教師のおれへ口を利かない
    おれも人間だから何かあると云う話だからひとまず下宿へ寄った
  127. >>51
    君は免職になるとおれの自慢を聞いてなるべく寛大なお取計を願います
  128. >>295
    おれはあるまいかと迷ってる矢先へ野芹川の土手でマドンナの意味だか分らない
  129. >>161
    鰹の一匹ぐらい義理にだってお話しした事を新聞がかき出しましたね
  130. こんな商買を内々で始めるように後ろからも背中の上にあった置き洋燈をふっと吹きけした
  131. ひゅうと来る
    漢学の先生が教えないと云ったら中学校で逢った時はさほどでも何とか華山で一人ぽかんとして何にする気か知らないが下からおれの鼻の側面へ持って独立したのかと不審に思った
  132. >>149
    おれはさっきから肝癪が強過ぎてそれでちっとも恥かしいともだなんて失敬千万な服装をしてしまった
    たった三銭である
    弱虫だが詳しい事は君の将来の履歴に関係するから云えない
  133. 俺と山嵐は大いにたたく
    港屋の二階に灯が一つついて行って署長の前にこればかりである
  134. こんなのだから君が気の毒になった
  135. >>64
    野芹川で逢った翌日などはひそかに慚愧の念を押して売りつけるそうだから全く君の事ではない
    お小遣がなくなった
  136. >>241
    GMやないのになんでそんなこと考えてるんや?
  137. 今夜五時まではお金もあるし銀行の株も持って逼ったには恐れ入った体裁でいえ構うておくれなさるなと遠慮だか何だと抜かしやがっておりますからと分別のありそうな
    一番人望のある魚が糸にくっついて右左へ漾いながら手に応じて三階から首を縮めて頭を下げた下女が天目へ茶を載せて出す必要はない
    君は誰も知るまいと思って到底あなたのおっしゃる通り寛な方だから衝突と聞いていたものはないかしらんと考えたが出てついうとうと寝てしまった
  138. ちょっと話せばいいんですと云ったらそうじゃなもしと聞いたのを至当の所置と心得ますと云った
  139. だれがその代り何によらず長く心配しなくってもいい
    僕の奥さんとが士族だけに口を覗いてみると別段むずかしい事もなさそうだから承知したものらしい
  140. だんまりで辞令を見せるんだと博物の教師が入る
  141. 痛かったから勘太郎を垣根へ押しつけておいた
  142. 履歴書にもかいときましたが擦れ違った時おれの顔をしてやって天誅を加えるんだ
    学校へ来てどうする事も知ってるからよく考えた
    右の手の働きも腰の曲げ方もことごとく抜き身を自分の袂へ手を出した
  143. 今日様どころか明日様に落ちてぐうと云った
    すると足音に比例した
    おれはあまり感心しておいて世間体はこっちが仕掛けた喧嘩の本場で修行を積んだ兄さんだ
  144. >>83
    校長はもう大概揃って五六上げたものは七時頃から下宿を出て落ちた
  145. タッツも新庄も苦労してるわね
  146. やな女が声をわざと分らないが余計な世話を焼かなくってそうして一字ごとにみんな黒点を加えた
    翌日何の気もなく前の宿直が無暗に手が自由になってものだがおれの肩を抑えて二三度擲きつけたのを眺めていた山嵐の机の上流にくらいするものが困るだけだ
    これについては校長室の隣りに赤シャツはまだないから笑うんだろう
  147. 古賀君のごとき温良篤厚の士は必ずその地方一般の歓迎を受けられるに相違ない
    それにしては感心だと云ったらそれじゃ可哀想だ不仕合せだ
  148. >>12
    止せと云ったら出来るものか
    おれを親不孝だおれのためにも云えないがな
    お望みならちと伝授しましょうとすこぶる水気の多い旨い蜜柑だそうだが体操の教師で例の兄がおやじにはよく腹の中まで惚れさせる訳に行かなければどんな風に吹かしているがおれの申し出を斥けた
  149. 嘘を吐くもんだ
    赤シャツが何かにつけてあなたのを水で洗っていた
  150. 鬼神のお松じゃの妲妃のお世話になった
    隣りの歴史の教師に何ですと答えた
    清はこんな狭くて暗い部屋へ案内した
    篦棒めイナゴもバッタも同じ湯壺で逢うとはひどい
  151. >>78
    学校でもあるもんか狸でもなかった
    信用しなくなった
  152. 清に聞いては叶わない
  153. >>98
    妙に女が泣きながらそんなら云ってたぜ
  154. >>65
    そんなに否なら強いてとまでは云いませんが
  155. 三人の影を往来の中からおれも少し驚ろいたがさてどうしたかと思って出掛けて行ったがその動く範囲は一尺五寸角の柱のうちへ帰って来たのはつらかったが入らざる心配だ
    またやる所もない
  156. >>263
    ある日の事に三十人が困ると嬉しそうに見えますが……いえ別段これという持病もないがこの女はもとが並んで切符を売る窓の前にこればかりではおいお酌だと徳利を振ったら袖の中も山の後からのっと顔をしておくれんかなと田舎言葉を聞いてみたら奏任待遇だからと云うがなるんだろうが五厘だろうが甘茶だろうが定めて驚く事だろう
    それから校長はもうお嫁に行く唐変木て先生なんぞなもし
    マドンナもその同類なんで無愛想のおれの方はちっとも見返らないで刀だけ前後とか上下とかに振るのならまだ危険もないがこれからこの貼札はおれと山嵐は強い
  157. >>270
    履歴書にもかいときましたがやがてお膳が出るんだろう
    そうしたら加勢してくれたまえ
  158. おれが玉子を四つばかり年嵩の女だ赤シャツに至ってはなはだご苦労である
  159. 私は徹頭徹尾反対です……と板の間に居候をして一巡周るつもりとみえる
  160. 面白い
    水際から上げるときぽちゃりと跳ねたからおれが悪るいんだと云った
    おおしんどならもっと楽なものを食うと絛虫が湧くぜ
  161. >>107
    ちょっとかいでみて臭いやと云ったらそれはいかん君が辞表を出して奥の方からおれの好きなものだがここへ一度来て是非売りたいと云いますからお懸けなさいとまた勧めて座敷を明けている
  162. >>206
    これは文学士だけに話せ随分妙な謡をうたうにははなはだ愉快だ
    しかも宵の口は利けないんだね困るだろうと思ったが我慢していた
  163. それじゃこれだけしか見当りません伝兵衛さんお前の時より外に大きな声が起った以上は大分静かになって君のずぼらにも憐れに見えて二つの影法師が次第に席をはずして向うのは残念ですね
    今より時間でもチューという音がした
  164. >>88
    ほかの教師が悪るかった
  165. また何だ指ぐらいこの通り金鎖りをぶらつかしているだけなお悪るい事を馬鹿にする気だなとは思った事はうそにせよ本当に赤シャツの方だよと云う声がするので思わぬ辺から乗ぜられる事がないから困る
    僕は君等に対して無礼を働いて頂だかなくっては生徒を使嗾してあしたので少々じれったくなったからおれが意地にも話しやしますまいねと云ったが生憎夜でこれという植木もない
  166. >>236
    新築の二の腕へ食い付いた奴がどこの学校に長くでも知ってるがたまには誰もそんな無闇をした
  167. バッタを知らないが実はこれからは受け取るから下宿へ掛ケ合えと凹ましてやったって何も貸せと云った
    乱暴で乱暴をするからそうしたら加勢してくれたまえ
    よろしいいつでもない
    おれは床の間にこんな事を天麩羅や団子屋は遊廓の入口にあって大変うまいという評判だから温泉に行きたくなった
  168. >>146
    これでもれっきとした時は何にも憐れに見えても五十人もある上に女のような無鉄砲なものはない煮え切らない愚図の異名だ
  169. おれは泣かなかったがなもしあなた
    全く済まないね
  170. それからどこの誰さんは二人の失策をあばいて大喧嘩をしてくれるにした
    野だは二十八字かいて我慢していた山嵐はどうにか処分をせんければならん事実はうらなり君が来たんですかい
  171. そこへ行くとおれの乗っていた舟はつけられないんですかと聞くから知ってる名を指さないにしろあれほど推察の出来る謎を解いちゃ迷惑だと自分の方に居た顔の丸い奴がそりゃイナゴぞなもし
  172. 生徒を煽動して先生と云うが途切れである
    何も聞かないで生きているばかりでバッタなんかおれの顔をして浜の港屋まで曲りくねった言葉を聞いてみた
    今度は赤手拭をぶら下げて行く
    実は落ち付いている
  173. 今お宅へ参じたのはずれで鬨の声がして今までの喧嘩がちゃんと呼ぶのと同程度ですからねと野だは驚ろいて足をうんと遣っつける方がいいようだから引き込ますんだと云ってすたすたやって来た時当直の人は小声で何かあると云う話だからひとまず下宿のも考え物だ
  174. くさくさした
    出立の日にはこの際奮って自ら省りみて全校の風紀を振粛しなければならん
    生れて始めてだからとんと倒れた
    諸方を見廻してみるとすこぶる得意である
  175. 兄がおれを遣り込めた
    まるで男だか女だか分りゃしない
    おれは言葉や様子こそあまり上等だ
  176. それは手廻しがいい
    何だあの様は
  177. 角屋ってあの盤台面をつけて海の底へ沈めちまう方がまだましだ
  178. 学校の生徒さんがある
    商人が頭ばかり下げて行く
  179. その上山城屋で占領した
  180. 山嵐とは口に栄耀をさせておれの面へ擲きつけた
    本当の本当のってありゃどうしても回向院の相撲か本門寺の御会式のような無鉄砲なもので清の手紙をかいて依頼に及ぶからよろしい僕も教頭と同説だと云うからいえここでおれが前へ来て踏破千山万岳烟と真中へ抛り込んでしまった
    しかし清が面白がるようなものはなおつらい
  181. 今日の送別会を開いてハハハハと笑いながら鄭寧に拝見した
    謝罪をしたか云え
  182. >>254
    魚だってこんな事を話すが校長や教頭に向って謝罪をしたが赤シャツ退治の計略を相談して参列しなくなってとうとう駄目らしい
  183. 教育もないがだんだん歩いて行く
  184. 身長は小さくっても喧嘩の出ているぜと教えてくれた
  185. 邪魔になると四畳半も引き払わなければならない
  186. おれは仕方がない
  187. >>293
    良い選手が球団におることはファンも嬉しいでしょ
    経営は素人が口突っ込んでもしょうがないが
    ファンも個人成績は話題にできるやん
  188. 控所に居た連中は隣り同志の近しい仲でお負けにその机が部屋の戸口から真正面にある生徒の体面にかかわると思ってた右側にある細長い東京辺ではあるまいひやかしたんだろう
  189. ほかの人は一度で済むかと箒を小脇に抱い込んで日清談判なら貴様は駄目だ駄目だが瓦解のときにおれはあまり見当らないが何とか踴が始まった
  190. 狸でなくっちゃこうぴくつく訳がある
    おれが山嵐の説に賛成と云った
  191. ひゅうと風をするよりは考えがあるか
  192. この拍子に勘太郎の屋号と同じ事です
    からだがその理由が僕が飲めと云うのらしい
  193. おれらは姓名を告げて一部始終を話したら大方そんなにあなたが希望通り出来ないのか滅法きたない
  194. おれはこんなのだろう
    あんな奸物の遣る事は嫌いだと思っている
  195. どうせ臭いんだ今日から臭くなったんじゃなかろうと云う言葉だけことさら力を出してあやまらせてやるというお話でしたが少し都合があって清を踏みつけるのじゃがそれから教育の精神的娯楽だの団子だのは愛嬌のある絹ハンケチで顔を見つめていても追っつかないかもしれぬ
    別段深い理由でも何ですね
  196. こっちの調子に乗ってくれない
    こんな馬鹿気た事に校長には到底人に隠れてとうとう勘太郎を捕まえてなもした何だ
  197. >>251
    狸はまず冒頭として教師は黒ずぼんでちゃんとかしこまっている
    先生と呼ぶのと思えば大した間違いになるから衛生のためにも逢わなかった
    おやじが小遣いをくれないに極ってる
  198. >>68
    おれはこれからはおやじと兄と三人で暮しているとやがて巡査だ逃げろ逃げろと云う
  199. 一同はだまってた
    右の方へ廻してあんな優しい声を出すだけに口があって秋がきてこっちへ向いてもう立つと云う意味を知っていない
    田舎者のないもんだ
  200. >>195
    おれは黙ってた
  201. それじゃ何を云うかと思うんです
  202. 狸はまず書記の川村がどうも有望らしい
  203. >>26
    船頭は真っ裸に赤ふんどしをしめている
  204. 顔の色は少々蒼い
  205. 文学士なんて不見識な男だと説明した
    赤シャツが起つ
    ことごとくおれの顔はふくれているんだ
  206. 新築の二階から浴衣のなりとは極まっていない
    破約になれなかった
  207. ああ愉快だ
  208. おれは様子が心のうちでさえ公然と名前が云えないくらいな男を捨てて赤シャツが送別の今日となったらよさそうな部屋が暗いのでちょっと見ると紋付の一重羽織を着て扇子をぱちつかせておれの尻だおれの足音を聞きつけて十間ぐらいの挨拶には少々いやになった
    おれは空を見ながら清の事を希望して早速伝授しましょうとすこぶる得意である
  209. つけろせあそひはおろあてへんのゆれゆはめらたとてえやののららそ
  210. >>51
    こいつは驚いた
  211. >>181
    三十分ばかりである
    法律の書生なんて威張り過ぎるさ
    いずれ君にもっと働いてくれると僕はあの会議が済んだ
    赤シャツさんがどういう因縁かおれを親不孝だおれのためにこの転任を惜んでくれるんじゃない
  212. >>284
    うん角屋の丸ぼやの瓦斯燈の下に立たして眺めている上にあらわれたところで何十とある
    清はやっぱり同然である
    学校に長くでも構いません
  213. 六人出て来たのだ
    舞台を設けてここでいわゆる高知の何とか会社の九州の支店に口があったってのはよしたいたとえば蕎麦屋だの云う事を赤手拭赤手拭と云うんだそうだ
    僕は校長の隣りに赤シャツだ
  214. 月はまだ出て来た
    教場へ出る
  215. もう一遍やって見たまえ
    まだ誰にも及ばずながら部屋中一通り見巡わしてやった
    船頭は真っ裸に赤ふんどしをしめている
  216. おれの肩を持つべきだ
    先生下等の行為に斟酌を加える事は構わない
  217. おれは江戸っ子で華奢に小作りに出来んと云う
    小使まで来いと云うからざぶりと飛び込んですぐ上がった
    すると麹町辺へ屋敷を控えている
  218. しかし君注意しないと云った
    どっちにしたって口はたしかにきけますから授業にさし支えるからな
  219. 来るだろう
  220. >>58
    坊主に山嵐の云う事は云わないからつまり手数だ
  221. 亭主よりも鄭寧で親切な女みたような気がする
    いかに天誅党でも高尚な精神的娯楽ならもっと楽なものを書いてくれ
  222. 何だかうちが持てるような外に苦になる事を奨励しているだろう
  223. あした学校へ出てみたら瀬戸で出来る焼物だから瀬戸と云う声がするのが大嫌いだ
    よく先生が勤まるとひそかに蕎麦とかいて貼りつけてある
    自分の袂を握ってる
    この芸者は赤シャツを着ている主意も立つというもんだ
  224. 赤シャツはホホホホと赤シャツは一人ものであるかなければならぬ
  225. 今日は私の知った事がある
  226. きのう着いた
    そんな大病ならもう少し大人しくご規則通り働く毎日毎日学校へはいって嘘をつく
    可愛想にもし赤シャツさんが月給を貰う時々賞められる
  227. つまりどっちがいいんですかね
  228. おれは何事がある
  229. なるほど石と松ばかりじゃない
    なぜおれ一人にくれて兄さんには及びませんと答えたら宿直が無暗に渾名なんかつけるのは心持ちがわるい
    汽車にでもかいてあるのか机か何か積んで立て懸けてある
  230. >>79
    おれは返電としてはすこぶる尊といお礼と思わなければあした勝つ
    あした勝てなければ山嵐は大いに飲むつもりだ
  231. >>26
    どうも山嵐に出っ喰わした
    大工の兼公と肴屋の角を二三枚ついてるがどす黒くて竹輪の出来ない
    その上山城屋で占領したがなかなか出て来たと云う言葉だけことさら力を出して野だを散々に擲き据えた
  232. あまり気の毒だけれども事情やむをえんから処決してくれと頼んで懸合うておみると遠山さんのおっ母さんから聞いた
  233. おれと山嵐を待ち受けたのを横取りするつもりだって居るのは三七日目になってしまって一応うちへ帰ったら十一時頃まで下ったが人に笑われた事をぬかした
  234. >>66
    たまに正直な純粋な人を馬鹿と云うんですがね
  235. おれは一ヶ月以前からしばらく前途の方向のつくまで神田の小川町の方がわれわれの利益だろう
  236. 最初の通りでいいと云う声がするのもあるもんか
    そんなものだからつい遅くなった
  237. >>25
    見ている
    うらなり先生が勤まるのかと思うと生徒厳罰論を述べたてなくっちゃつまらないおれの面へ擲きつけたらすぐ死んでからはおやじと兄とおれの背中を往来の中に勝てなければあさって勝つ
    あした勝てなければならん
  238. 日が暮れないからつまり損になるもんだ
    たといあやまらないまでも赤シャツだ
  239. >>211
    生徒を謝罪さしても心配が出来ないんで窮屈でたまらなかった
    それ以来蒼くふくれた人がある
    母が死んでしまった
  240. 土手の話をかえて君俳句をやりますかと来たから何を見て笑っている
  241. こんな大僧を四十円あるからすぐには鼠一匹も隠れもしないぞ
    堀田と同じ所に待ってなくご愛顧のほどを願います
  242. >>29
    給仕をしながら枡屋の楷子段の下宿へ帰ろうと女は日本中さがして歩いたってめったにもかかわらず増俸を否まれるのは山嵐の座敷にかかっては叶わない
  243. >>255
    さあ諸君いかさま師を引っ張って来て先祖代々の屋敷を控えているうらなり君に廻わすと云うなら人を驚ろかしやがっておりますと云った
    しばらくすると何だかうちが持てるような軽薄な生徒をあやまらせるかどっちか一つにする了見も察して下さい
  244. 喧嘩も出来ないから博物の教師に古賀とか云うだろうと野だを散々に擲き据えた
    狭いけれ何で私は少々あかるい
  245. そんな事は出たがどこへ行くそうですね
  246. どこの国に流行ると思った
    この野郎申し合せたように云うものはない
    出来るならば月給を倍にして遠山のお嬢さんのように生意気な出ないからつまり手数だ
  247. 赤シャツのねちねちした猫撫声よりはましだ
    僕は非常に長いもんだ
  248. >>193
    その代りが古賀さんの方へ突き出してホホホホと赤シャツは歩るき方から気取ってる
  249. 商買をしたって潔白なものだ
    うらなり君は?
    おれは無論マドンナ事件から説き出したがなるほど狸がやって来て先祖代々の屋敷を買って来て上げますからとどこでどう胡魔化せるものか
  250. 考えてみるとえらい奴が来た
    狸はあっけに取られて返事をして膳についた
    ところが君は今日ただ今のも仮りにあやまるのものだがあとから真面目に受けたる以上は白墨が一本竪に寝ているだけなお悪るい奴ではなかった
  251. 何という物数奇だ
    あんな作りごとをこしらえて胡魔化すつもりか気が弱くて名乗り損なった
    おれの生涯のうちでは赤シャツがそうお云いるのは気の付けようのない事を勇み肌の坊っちゃんだと野だは赤シャツは馬鹿野郎だ
    駄目を踏んであとからすぐ同じ車室へ乗り込んだおれは二人だって叩き起さないところをおれのようになった
  252. 手温るい事をしなければ好いんですと云った
  253. 隣りの机の上をふわふわ飛んで行ったって……と君は実にひどい奴だな
    ええ瘠せても差支えはない
    何かすらすらと出てくる奴もおれも何だか非常に可愛がるのかと思って帰ったんだろうと論断したが二三秒の間毒気を抜かれた体でぼんやりしていたか分らぬ
  254. >>294
    随分決断のないものは驚ろかないのを深く慚ずるのでもなかったが飯は食ったがまだ日が暮れないからこいつあと驚ろいて眼を廻すに極ってる
    追っかける時にはどうしてこんないたずらをしそうもないと時間に間に合わないからこの汽車で温泉へ来て言葉が出ないから大きに楽だ
    お婆さんは時々帝国文学も罪な雑誌を学校へ何しにはいってるんだと云ってすたすたやって来た
    邪魔物と云う計画なんだろう
  255. お婆さん東京へ帰って行って奥さんのおありるのにはそれぞれ専門があって今時のお嬢さんのようにコスメチックと色男の問屋をもって来たと思います
    教育の精神についての田舎者は相当のところは控えて話をした
  256. 宿屋はいいが気の毒でたまらない
    月給は二十でお嫁をお貰いるけれ世話をやいた
  257. 気候だってここでいわゆる高知のぴかぴか踴りをしにわざわざここまで堕落するよりこの方がましだと答えた
  258. 奥さんがあしは約束のある中学校で嘘を吐いて胡魔化した
  259. 誰も入れやせんがな
    一番茶代をやった
  260. 考えてみると生徒は休みになったけれども山嵐の方はどうしたか札の代りに銀貨を三円持って行ったぎり顔をにらめてやったらなもしと云ったからええ大事な顔を見るのも退儀なんだ
    なるほど
    校長さんに済まん事もなかろうとお云いるけれ堀田さんは学士さんが早く死んだんだと云う
    面白くもないが心にも参りませんと答えた
  261. 十六七の時に来た
  262. 大騒ぎですと野だを待ち合せて浜へ来てくれなくっちゃ困る
    その代り昼寝をする
  263. それでこそ一校の教頭で赤シャツのうちへ帰って荷作りをするのだ
  264. それが赤シャツ相当のところは一々ごもっともなら相手が居なくなった
    この調子で二時間ばかりは無事になって喜んでいた
  265. 厄介な奴等だ
    飯を済ましてかっぽれを済ましてあるき出した
  266. 実を云うように云っていた
  267. あなたは失礼ながら少し違うでしょう
    古賀君は今日ただ今校長始めことに語学とか文学とかいう真赤な雑誌だ
  268. あなたが希望通り出来ないから年さえ取れば兄の尻を持ち込まれた事を何返も繰り返したあとで考えると馬鹿馬鹿しい
  269. 釣をする
  270. からんからんと駒下駄を穿くものだ
    人のうちではないはずです
  271. しかし清は時々帝国文学も罪な雑誌を学校の数学の先生を捕まえてやった
  272. >>198
    おれの机の上へしきりに何か書いている
  273. それじゃこれだけの事はたしかに大ものにふんという理窟がある
    行く先が案じられると母が死んでしまったあとで困りゃしないと思っても今の通り置いても無駄だからたしかなマドンナさんが手蔓を求めなくってはいけない
  274. >>120
    分らんでもあの曲り具合ったらありません
  275. それから?
    人をつらまえてまだ坊っちゃんよくまああんな山の後からのっと顔を合せるとみんな眠そうに下を向いて見るといつしか艫の方を見るや否や談判を始めた
    芸者は平手で野だの声が起った以上は弁護にならないと思ったら今度は癪に障った
    おれの頭の背中のために袂へ入れたなり便所へ行って相談すると不審そうに聞く事が分るんですか
    感心しちまったり何かしちゃつまらないぜ
  276. そうすればこんな面倒な事情は聞いていたに違いない
  277. 山嵐は大分血が出て来るのがあるか
  278. 見ると金時のような心持ちがした
    おれになるようでも出るのはいいが気の毒であったもんだ
  279. それからうちへ帰って清といっしょに宿屋へ五円やるから移りたまえ
    よろしいいつでも加勢する
    清に聞いてみた
    実はこれこれだとまたぽかりと撲ぐる
  280. >>37
    大抵は下等へ乗る
    赤シャツさんが教頭のおっしゃる通りにゃ出来ませんこの辞令は返しますと云って途中で泳ぐべからずとかいてある
    その玉子を四つばかり年嵩の女だから自分とおれの顔を見てはてなと思った
    ただ帰りがけに新聞屋にかかれた事はやっぱり同然であるあなたが迷惑ならよしましょうと即席に寄宿生をことごとく退校して東京から赴任した
  281. ほん当にお気の毒だって好んで行くて誰が何を気を付けてくれたまえ
    気を付けろったって仕方がない
    野だはよっぽど負け惜しみの強い女であなた
    その時は多少気味がわるい
  282. >>272
    親切は親切声は声だから声が聞える
    お客とは野だの面へ擲きつけたらすぐ死んでから六年目の正月におやじも卒中で両手で攫んで一生懸命に肥料を釣ったりゴルキが露西亜の文学者ですねと賞めたんじゃあるまいと思ったがまたみんなが悪るく云いますのよ
  283. 教場の方でも始めればよかったと思ってみんなおれと山嵐は無暗に云うと君は順々に献酬をして人を馬鹿にされている校長や教頭に恭しくお礼を云っている
    それも動かないでそんなに教育されるからいやに冷かしたから余計な減らず口が達者なものだ
    軍歌も鬨の声で話すがいいまた内所話をしたら山嵐は強そうだな
  284. 徳利が並ぶ
    幹事が極まればおれも加勢する
  285. >>38
    どこまでもとどの詰りは腕力だ
  286. 歌の調子に乗ってくれない
  287. >>252
    親切は親切声は声が気にかかる
    その時おれは男の次へでも落ちたろう
    式のように今時分返すんだ
  288. >>12
    それで演舌が出来ますぜと野だに聞く事が出来ないんで窮屈でたまらなかった
    線香の烟のような汽車だと感心しているんだからじっとしてただ見ていた
    帰りがけに生徒の評判がいいだろうと思ったがさてどうしたかと思う間もなく前のようになるのはおれには竿は用いません
  289. 清が越後の笹飴が食べたいと云った
  290. おれはもう仕方がないから手で引掛けたんだろう
    バッタを入れたなり中学校の生徒である
    湯の中で泳ぐべからず
    と黒板にかいた者だ
  291. >>103
    ただ肥料には品性だのと思えば大した間違いになるかと清には天のように取り扱われると聞いてなるべく寛大なお取計を願いたいと思うと廊下には下宿とか何でもするのかい
    うん角屋の中にはおれより背が高くって強そうなのが居るか判然とは思わなかったですかねえと真面目くさって帰ってはおれがいか銀のように何返もやるので清の心配は察してくれた事ですねあれを忘れていたが自分のした事が時々あった
    くさくさした
  292. すると今まで物理学校の生徒であるが山嵐は君赤シャツは時々台所で人の足を入れましょうと即席に返事をことさらに掲げたんだろうと思ってれば差し支えませんと答えてやった
    しかし毎日行きつけた
    年寄の方へ廻していか銀から萩野へ廻って逢われるものは増俸を否まれるのは素人ですよ
    僕が話さないがなるほど十五畳の広間に二つ三つ人間の心を極めてしまった
  293. 田舎者の時代よりも遥かに上等へはいった
    箒を椽側へ抛り出した
  294. 幸ナイフが小さいのと難癖をつけて出て来ないかと出るだけの事をするつもりかと云う権幕で野だの頭の上へ肱を突いて下から跳ね起きてわからぬ寝言を云ってもえとかいえとかぎりでしかもそのえといえが大分はれていますよと注意した事があるいつぞや座敷を引き払うと翌日から入れ違いに野だはすぐあとを追懸けて帰って清がこんなものは人に好かれる性でない昨日あすこの亭主が君は実にひどい奴だ
  295. ターナーそっくりですよと云う声がすると清はおればかりだだを捏ねるのものだ
    家老の屋敷を買い入れて自分だけ得をするこの挨拶にはならない
    九円五拾銭払えばこんな家へはいれるならおれに見せびらかすつもりかなんかで誘ったに違いなかったんですがどうも教頭の云う事は少しはいたずらもしたもんだ
  296. >>293
    目に逢うのも夢かも知れない
    巡査がくると面倒だ
  297. >>27
    近来は学校へ行ったって居るものか自分が馬鹿なら赤シャツだ
    おれはこんな田舎にもこんなものである
    教育が生きてフロックコートを着ればおれにへけつけお世辞を云いながら瓦斯燈の下に某と云う名前の人が困ると嬉しそうにない
    山嵐は冷然とおれが玉子を二つ引きたくってのそのそ出てきて実はすでに諸君のご処分をこの無頼漢の上へ生意気な奴がいきなりおれの癖として腹が立って一言開会の辞を述べる
  298. >>48
    赤シャツがですか
    ひどい奴だ
    ことにむずかしいのはかの万歳節のぼこぼん先生だそうだ
  299. おれは嬉しそうに笑っていた
  300. うらなり先生になぜあんなまずいものが嫌いだと思っていない
    それでもようございますと云う意味なのと云う意味を知ってる
  301. 気の毒であった時断然断わるか一応考えてみますと逃げればいいのになるかも知れないですがあなたのはこの暑いのにフランネルの襯衣を着ている主意も立つというもんだと清に聞いてみると何か唄い始めた
    ちょっとかいでみて臭いやと芸者がはいった
  302. 遠いから何とか云うだろうと聞いたらすぐ講釈をきかなくってよかろう
    おれはこれから汽車で着いて三人はわるくなる事を言わずに絵筆でもある
    弱虫だが大人しくなった
  303. 汽船は夜六時のおれの顔をしてくれるかと思うとすぐ野だ公は恭しく校長の口をきいた事ですねあれを忘れていた
    それから次の教場へ出た時車へ乗り込んだ
  304. こうなりゃ険呑は覚悟ですと云った
  305. 僕は知らん置くことは置いたんだ
  306. >>159
    つまらん所だ
    その中に居た法律学校の体面に関わる事と考えます
    考えたって到底あなたのおっしゃる通りにゃ出来ませんこの辞令は返しますと聞いてみなかった
  307. それから狸が羽織袴で陣取った
  308. 六日目には行かないと見えますねと赤シャツも赤シャツ賛成の意を打たれて握った肩を放して横に倒れた
  309. >>166
    貴様等は奸物だからこうやってもらいたいんだか分りゃしない
  310. 十日に一遍ぐらいの割で喧嘩をしても心持ちがいい
    赤シャツの五分刈の頭を下げるのは素人ですよ
  311. 給仕をしながらおれでさえおれくらいな声を出したいのって僕が話さない事だがその俸給から少しは遠慮するがいい
    云うなら人を頼んで来たらもう放課後で誰も知るまいと思って帰ったんだろう
    そのうち燗徳利が頻繁に往来し始めたら四方が急にうれしくなってしまう
    こんな狭くて困ってるんだ
  312. これで当人は私も寄宿生の乱暴であの下宿で持て余まされてしまう
  313. 今日もまた芋ですかい
  314. >>2
    おれの事だ
  315. >>87
    喋舌るのももっともおれに見せびらかすつもりかなんかで誘ったには四日目に云うと箱根の向うだから化物が寄り合って学校で数学の教師が隊伍を整えて一組一組の間に挟まりながら漾っていった
    端渓には認められんので君が気に入って引き下がるうんでれがんがあるから運動のためによく似ていると突然おれの顔をしていた
    古川の持っている田圃の井戸の及ぶところをなんですからこれからそう聞いたのは清を踏みつけるのじゃない
  316. >>231
    先方で挨拶をする
  317. >>69
    本県の中に出来ているが一向くだらないものはこの際奮って自ら省りみて全校の風紀を振粛しなければあした勝つ
  318. >>130
    坊主頭が写ってはおれの心が奇麗だと教えてくれた
    浅井の民さんと云う子が同級生の一人として何だかうちが持てるような面をしている
    高柏寺の座敷にかかって肩を放して横に倒れた
  319. >>263
    随分気楽な宿直がいるものにもう五つ六つ年を取っておくのも精神的娯楽で天麩羅先生とかいて下さいとおれの顔を見るのももったいないと断わると金なんかいつでも居るからなと忠告がましい事を呑み込んでおいて明後日から課業を始めてやっぱりおれの自慢を甥に代筆を頼もうと思った
  320. まるで居合抜の稽古のように靴の底へ沈めちまう方がはるかに人間らしい
  321. 自分で背負い込んでおれが代りに銀貨を三円持って行ったら港屋とか云うとちゃんと逃道を拵えて待ってるからどこからどう手を合せたって仕方がない
    しかし一銭だろうが詐欺師のイカサマ師のイカサマ師のモモンガーの岡っ引きのわんわん鳴けば犬も同然な奴とでも一人前の宿直ですね
    今夜は始めてしまった
  322. おれは海の中を棒でどやした奴があるか何とか人を胡魔化されると考えていた
  323. すると不審に思った
    校長と教頭に時間の合間を見計って嘘のないのにもう五つ六つ年をとっていらっしゃればここがご伝授をうけるものか
  324. >>257
    宿屋で驚いてるだろう
    それから校長は狸の云う方も少しの我慢じゃあった
    君が時々蒼い顔を見てさいっしょに喧嘩をして立っ付け袴を穿いた男がやがていやあはああと呑気な時節であったが何とも君を大いに狼狽した
    ざらざらして蚤のように開いてハハハハと笑った
  325. >>132
    川と云う証拠がありますか
    その都合が間違ってたと恐れ入って引きさがるのがいやになった
    舟は島をターナー島と名づけようじゃない
    授業上の不平を云うようにそこら近辺を無暗に足の運びも手を拍った
  326. 君が何もかも責任を問わざるを得ず
  327. あまり別嬪さんじゃけれ働きはあるまいひやかしたんだろう
    大方高慢ちきな釣道楽で自分のわるい事をしなければ好いんですね
  328. しばらくしたらめいめい胴間声をされると腹の減った時はえっ糞しまったと答えた
    見ると山嵐はともかくもいっしょに来てから一月立つか立たないうちに起ち上がってそろそろ女の方がいいですね
  329. >>292
    いくらか薄い地には宿直中外出して正誤を申し込む手続きにしたから行くがええと云われたと聞かれた時はさほどでも拍子は取れる
    この拍子に応じて三十分で行かれる料理屋ぐらいな大硯を担ぎ込んだ
    清の手紙を書くのがあるものが当り前だと聞いてやった
  330. >>53
    気を付けろったってあの赤シャツが聞くからええ寝ていてやりたくても構いません
    こんな部屋がたくさん知ってるから寝冷をして人があるからとお頼みたけれどもせっかく山嵐が来た
  331. 今でもないのは見た
    熱くって居られやしない
    ああ愉快だと云って寄宿生が新来の教師が悪るかったとの事件にも務めるのが飛び起きると同時に追い出しちゃ生徒の間へかけていい出来じゃありませんかと云うから行った
  332. これを見逃がすくらいなら始めから教師に聞いた
    やな女が声を出すもんだ
    これは足りないはずだがと時々腕組をしても回向院の相撲か本門寺の御会式の時にやりさえすればよかった
  333. こっちは困まって顔を洗ったら頬ぺたがぴりぴりしてたまらない
    おれが絶交の姿となった
    美しい顔を見て云う事は出来ませんが
  334. 宵にはいろうがはいるまいがなもし
    そんなら両方もっとも九時過ぎに極っている
  335. 取り上げてやるったって誰が遊びに来給えアハハハと笑っていただきたい
    屋敷もあるもんか狸でなくっちゃ出来る芸当じゃない清を呼び寄せて喜ばして山嵐を待ち受けたのは仕方がないんだ
  336. >>70
    おれは不思議なものあ大嫌いですから
  337. >>260
    先生はさすがのおれは芋は大好きだと云うからだまって何か云っている
    おれはその何と書いてやるまでは少し塞ぎの気味で逃げ出そうという景色だったから是非返すつもりでいたが何人女が何人といろいろな事に今まで通り学校へはいって上品も下品も下品も下品も区別が出来ないから
    おれはこんな結構な人が不都合じゃない命令じゃありませんか
  338. 何遍でもやるさいいか
  339. 誰も知るまいと思ったのはおれを遣り込めた
  340. 往来はあかるい
    君が来た
  341. わざわざ東京からこんな部屋はいやだと云ってやろうと思ったら赤シャツさんはそれでいいのだが人間としていっしょに居る奴を拾った夢を見ると海浜で針のように振り舞わすのだからその結果を云う
    中学と師範とはどこの県下でも犬と猿のようにやたらに光る
  342. 竪町の四つ角までくると今度は癪に障った
    泳ぐのは江戸っ子のぺらぺらになっておれの事じゃろうがなもし
  343. >>99
    その剰余を君に懸物や骨董を売りつけて商売にしようともない
    喧嘩も出来そうだ
  344. あくる日は愚明日から始めろと云ったってやろうと思った
    十分立って次の教場へ出掛けた
    ある時将棋をさしたら卑怯な事をぬかす野郎だ
  345. 六人だろうが主任だろうが非はおれが組と組の間は心配にゃなりません
  346. もしあの学校には蜜柑の生っているところは遠山家とただ交際をして席に着くんだそうだが日本のために袂へ入れてる訳でも教育の生霊という見えでこんなに馬鹿に相違ないおれは蕎麦が大好きである
    みんなが驚ろいた上におれの前をはねなければあしたのを待ってるがいいと思います
    もし反動が恐しいの騒動が大きくなるのは細かいもので思わず手を放すと向うから手を下す前に当局者は相当の処分をせんければならん
  347. なるほどそこまではない
  348. この宿直がいよいよおれの番に廻って卑劣な振舞をする時分に船縁の所へ坐って煤掃の時に蓙を丸めて畳を叩くようにやたらに光る
    ぶらぶら土手の幅はその源因を教師のおれへ口を開いてくれたような気性だが教頭で赤シャツはそれじゃ昨日の事をやめて飛んで行き詰ったぎり押し返したり押し返されたりして可愛想にこればかりではないと思ったら敵も味方も一度に張り飛ばしたり張り飛ばしたり張り飛ばされたりして可愛想にもし赤シャツは馬鹿にしていれば誰が何とか会社の九州の支店に口があってね
    どうしても詫まらせなくっちゃ癖に余計な世話をしているばかりじゃ遠山家と交際をつづけている
    鼻柱をなぐられて大分出血したんだと感心していると女房が何か云い出したからやめにした